半田市 FIAT500(フィアット500) 車検整備作業 Bosch Car Service  巽自動車

画像

  • HOME
  • 車検
  • FIAT500(フィアット500) 車検整備作業

FIAT500(フィアット500) 車検整備作業

FIAT500の車検整備のご依頼を頂きました。
ありがとうございます。

いつものように車検、法定点検で当社ではブレーキ分解整備にて洗浄、シムグリス散布、調整等を行います。

ブレーキパッド面を磨いたり、新しいシムグリスを散布することで鳴きや変な挙動によるブレーキパッドの動きを正常化させることに務めます。

ブレーキフルードを専用の圧送機器により新しいブレーキフルード、DOT4規格へ入れ替えていきます。
ブレーキフルードは走行の基本性能を司る非常に重要な役割を果たすものです。一般道路を走行する車両にも安心して使用できるようにその規格にあったものを使用しております。

欧州車に求められる規格を取得した低粘度フルード、寒冷状態でも流動性が高く、ESP(横滑り防止),ABS(アンチロックブレーキシステム)、TCS(トラクションコントロールシステム)等を的確にコントロールできるものを使用しております。

また専用の圧送入替機を使って作業することによりより安全に確実に作業を行っております。

エンジンオイル&オイルフィルター交換も承っておりますので交換させて頂きました。
当方ではエンジンオイル交換は最長で1年以内/10,000km以下での交換をお勧めいたしております。


水回りでは極端な冷却水の減りはないかホースなど劣化など500は気をつけねばなりません。



デュァロジック・ギヤ系統フルードや各ギヤフルードも交換させて頂きます。

ここらへんのフルード交換がされているかどうかで故障のリスクはかなり下げられます。
特に中古でご購入頂いた500は調子が良い悪いでなくまずはここら辺のフルード交換を行っておくべきです。
壊れるのでなくメンテナンスしないから故障のリスクが高まるのです。
抜き出したDRフルードはエンジンオイルの汚れ並みに黒いです。

2万km走行状態のお車でもです・・・

また、500には冷却系統も弱い部分がございましてメーカーの対策が出されているかは不明ですが
部品リストには強化用のリザーバーからホース周りの部品セットが存在いたします。
お客様の中には低走行車両にも関わらずココらへんの冷却水漏れが起こり、オーバーヒートされた事例もでております。
永く大事に乗りたいなら事前にここらへんのメンテも大切かと・・・


500を中古で購入したらどんな低走行距離であろうとミッションギヤフルードを含め上記の項目と共に交換整備をしておく事をお勧めいたします。




 ボッシュKTC車両総合診断機

診断機でのお車の状態を確認診断致します。


不要なDTCクリア等も行っております。
メンテナンスリセット

500の車検、点検入庫時にはこちらの初期化学習を行っております。
フルードを交換した際にはより効果的です。


診断機にてクラッチの初期化学習(キャリブレーション)も行います。
エアコンフィルター交換も交換済です。

この度は当社をご用命くだり誠にありがとうございました。


新しい車検証、自賠責、点検記録簿控え等も車載しまして点検ステッカーも新しいものへと張り替えてございます。



ボッシュカーサービス・(株)巽自動車
車検・法定点検・一般整備・自動車保険・火災保険
新車・中古車販売
保険・事故鈑金修理も受け付けております。
新品タイヤ・等お持込み部品交換作業(お持込のバッテリー、油脂類、ナビ、オーディオ類不可。)
NUTECオイル 愛知県取扱店
MOTULオイル 取扱店
愛知県半田市成岩東町39番地
営業時間:9:00 ~18:00
定休日:土曜日・日曜日・祝祭日
電話:0569-23-0952




Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!